top of page

東京ウォーターフロントラン(2011/7/23)


猛暑の季節にもかかわらず、最高気温が28度という涼しい中、快適な水辺のサイクリングは始まった。

まずは、準備体操で体をほぐす。初参加の方々の緊張をほぐすのも目的だ。

東京駅前の丸の内のビル群を背景に、4つの班に分かれてスタート

上野から浅草を目指す。ロードバイク中心の走り屋班、親子連れや実年層以上の方々のゆっくり班など各々の班がペースにあわせて異なったコースを進む、変形ショットガン方式だ。

ロード班は長めのコース設定で、雷門には2番目に到着

人の居ない仲見世通りを闊歩する。早朝ならではの醍醐味だ。

浅草寺で記念撮影。約60名が自転車を持って集まるとかなり壮観だ。

再び各班に分かれてスタートし、東京スカイツリーを目指す。

今回は、母娘でのご参加があった。

でも送迎はちゃんとお父様が行っておられ、微笑ましいシーンも・・・

東京スカイツリー直下にて。昨年はまだ400m超えの高さだったが、今はもちろん武蔵の国のランドマーク、634mだ。

東京の下町である、江東区中心部、仙台堀川公園の水辺の道を行く。 木道の上を走る感触が、ハンドルを握る手に残っている。

途中一部工事で迂回するも、向日葵の花に見守られて快適に走る。

木場公園にかかる斜張橋で仙台堀川をわたる。

橋の向こうにはスカイツリーが聳えるビューポイントだ。

途中の喫茶店を特別にOpenしてもらい、各班毎に休憩タイム

炎天下を想定して飲み物をたっぷり準備頂いていたが、エネルギー補給のソフトクリームが一番人気だった。

塩浜にある自転車専用のループ橋を行く。丸々2回転をクルクル回りながら登って行く珍しいサイクリングロードだ。

夢の島公園にある第五福竜丸展示館を見学。

福島の原発事故が想起されるが、1950年代には核保有国が実験と称して、桁違いの凄まじい放射線を巻き散らかしていた事実がある・・・

夢の島公園の緑の中を軽快にサイクリング。木陰が気持ちいい。

若洲浜公園の北側にある展望所に向かう。

展望所から砂町南運河をはさんで、対岸をD班が走っている。

皆で手を振るも、残念ながら背後からでは気付いてもらえない・・・

今回参加者の中での最高級バイク「COLNAGO Forever」 全世界何十台かの限定品で百数十万円以上のモデルだ。 ショー以外で、こんな超高級車を見るのも、実際に一緒に走るのも当然初めてだ!

若洲浜公園の東岸のシーサイドを気持ちよく走る。追い風で気分は最高だ。

未だに建設中の東京湾臨海大橋。昨年はまだ真ん中がつながっていなかった。

2011年度内に完成・開通の予定で、スカイツリーに並ぶ一大プロジェクト。

若洲浜側の地上部の橋桁工事。

風力発電のプロペラは南風を受けて良く回っていた。

最後の休憩場所である。豊洲公園を目指す。

既に13時で、だいぶお腹が空いてきた。

ゆっくり班がだいぶ遅れたため、待ち時間を利用して、メンテナンス講習会を実施。

今回は、ブレーキの調整方法とメンテナンスについてレクチャーをさせていただいた。

豊洲公園にて最後の記念撮影。

季節はずれの涼しさで、バテる様子もなく笑顔満面?

隅田川の河口部分にあるサイクリングロードを北上。

アーバンドックららぽーと豊洲にかかる、跳ね橋と船着場の横を、晴海のマンション群を背景に進む。

っと、ここでパンクのトラブル発生。

一般参加者の方だが、皆で手際良く対処してほとんど遅れなくキャッチアップ。

隅田川にかかる勝鬨橋を渡る。水辺に沿って風が流れて気持ちいい。

「Welcome to Tsukiji」の看板。

名残惜しくも,もうすぐランは終了で後姿が淋しい。(って勝手に感傷的になる)

築地場外市場の駐輪場にてゴール。

先に到着した皆さんが拍手で出迎えてくれる、ちょっと感動のゴールだった。


(文責/写真:瀬戸圭祐)



閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

第13回ふれあいサイクルイベントへのお誘い2023・4・22(土)~23(日)

主催; NPO法人サイクルボランティア・ジャパン 共催;(社福)通所施設「ワークきらり」 大阪でタンデム自転車を楽しむ会 08・09年の「しまなみ海道」、10年の小豆島、11~15年の淡路島、16~17年の「しまなみ海道」、18・19年の島根県サイクリングの旅はいかがでしたか。 コロナ感染拡大の影響で3年ぶりに開催される今回の第13回目は中国地方の鳥取県と岡山県を舞台に、サイクリングだけでなく美保

台湾タンデムサイクリングの旅

(2018.9/21~9/24) 台湾の視覚障碍者とボランティアの団体・展翼視障天使協力者隊との12回目の交流となる“友好親善サイクリング”は、台湾最南端を含む屏東県を舞台に2泊3日の日程で行われました。 ※ 9月24日(月) サイクリング第3日目 35km この日は距離としては短い行程ですが、台湾の東海岸から山を越えて西海岸へ延々と5kmもの登りが続き、これまでの台湾グループとの

bottom of page