top of page

第13回ふれあいサイクルイベント 感想集2

更新日:2023年7月21日

 「素晴らしい国際交流」 綱嶋一真

 お世話になっております。 台湾の障害者、日本の障害者をとサイクリングまたこのような会のサポートをさせてもらえてとても良かったと思います。台湾方々の元気凄い!✨大島さんも輝いていました!✨ 今後ともよろしくお願いいたします。

(つなしま かずまさ)


「元気をいただきました」 北川 康晴

 こういうボランティアは初めてだったので、特に感想とかはないんですが、ふれあいサイクリングに参加した方々はとてもお元気でしたね。こちらも元気をもらいました。  またこのような機会があれば参加したいと思います。

(きたがわ やすはる)

心温まる交流体験 前川 徹也

 新しい心温まる交流体験ができ、感謝しております。

(まえがわ てつや)

「準備があっての素晴らしいイベント」石永 健次

 イベントをサポートさせていただき、楽しい時間を共有させていただけた事に感謝申しげます。上天候にも恵まれて、皆さまが、無事ゴールされたことが 1 番良かったです。  準備があっての素晴らしいイベントだと思いました。またご一緒させてください。

(いしなが けんじ)

 

台湾メンバーの感想 

素晴らしい国際交流のひととき  黄 朝松


 日本 CVJ 協会が 2023 年心身障がい者自転車イベントを開催してくれたことに感謝します。今回、ヨットに乗ったり、温泉 やサイクリングの公益活動に台湾の視覚障がい者の友人とボランティアを 招待してくださったことによって、台湾と日本の民間団体の交流と友好関 係がますます緊密になったことと感じています。

 今回のイベントは 2 日連続で日本の視覚障がい者の友達のためのパイロットをさせていただきました。しかも 2 日間とも違う人です。とても嬉し いです。大島理事長が日本の視覚障がい者の友達と一緒に自転車に乗る機会を与えてくださったことに感謝します。  途中の青山緑水の美しい景色と海岸の景色を鑑賞しながら走りました。言葉が通じません が、携帯電話の翻訳とボディーランゲージを通じて、みんなが自転車に乗る時に緊張を感じ ないようにしてくれます。大島理事長と会員たちが親切に接してくれてありがとうございま した。収穫がいっぱいです。心の中で限りなく感謝します。大島理事長が 10 月にボランティアと視覚障がい者の友人を連れて台湾に来て自転車で再び集まることを期待しています。台日の友情が長く続くことを祈ります。皆は平安で喜びます。

(HUNG CHAO SUNG) 新北市在住


 

「感動をありがとう」呂 玉心


 大島さん、こんにちは。私は玉心です。  今回の日本旅行では、来日初日の夜(4/18)に京都市内の焼肉バイキングのレストランであなたを見て驚きました。食事の後、それぞれ違う形のコップをプレゼントしてくださり本当に感動しました。  また、イベント前日の4/ 21 日にも歓迎会で美味しい夕食をおごってくれました。  私たちが泊まった温泉レストランで食べた食事はどれもとても美味しかったです。イベントではいくつかの公演活動(全体交流会)がありましたが、よく見えませんが、ほんとうに感動しました。また、いろいろ計画し手配してくださったプログラムもありがとうございました。強風のためヨットで海に出られませんでしたが、ヨットの中に入る体験ができました!あなたの心に感謝します!

(LU YUH SIN) 台北市 在住


 

「みなさんに感謝」黃 麗芳


 CVJ が主催するこの自転車活動に参加するのは 2 回目です。初めて参加した感じのように、暖かくて楽しい日程です。前夜の歓迎会から、私たちは CVJ メンバーの情熱を感じ、プレゼントを交換し、言語翻訳機と身振り、表情でお互いの気持ちを表現しました。  天気は風が穏やかで、4 月の晩春に自転車に乗るとまだ少し涼しいので、急いでコートを追加しました。私たちは海辺の自転車道を走りながら、片方は真っ青で果てしなく海が見え、もう片方はたまに松林の道の間を行き来し、太陽の光を浴びて、木の梢を通り抜けて、タンデム自転車の反射が映っています。本当に美しい画面です。私たちは自転車に乗りながらとても楽しみました。みんなは乗りながらおしゃべりして冗談を言って、笑い声が森、海辺でゆらゆらと揺れていました。

 途中の休憩所まで走った時、途中で道路状況と車の状況 を注意してくれる朱さんがいないのでどうしたのかと思い ました。彼は親子で乗るタンデム自転車の応援に行ったということが後でわかりました。この時、朱さんは熱心な本能を発揮し、少し逆風で慣れないタンデムで疲れたお父さ んに自分の乗っていた個人自転車を渡し、代わりパイロットとして子を運ぶ任務を引き継ぎました。これは本当にこ の世で一番美しい光景でした。夕方、夕日が空を染め、穏やかな日差し、黄金色の柔らかい色が海辺と私たちの体に映って、本当に美しくて快適な瞬間です。私たちは今日の終点に到着したのは皆生温泉です



 今回は夕食後、同じくパーティーの交流イベントがあり、同じ子ども代表がイベントの司会をします。熱い現場の雰囲気の中、 みんなが順番に舞台に上がって歌ったり踊ったりします。この時、 またこの自転車に乗っていた親子を見ました。まず息子が歌って、そして父が「ひまわりの約束」を歌って、歌が美しくて豊かな感情が伝わってきました。この時、朱さんと黄さん、そして司会者と何人かの子どもたちも舞台に上がって両手を振って踊り、会場が盛り上がり、とても暖かくて感動的な場面となりました。

 翌日、私たちは柵原鉱山公園から自転車道をこの日 25 キロを走りました。よい天気に恵まれ、曲がりくねった澄んだ川沿いのコースです。自転車道の横には大きくてりっぱな桜の木がありました。もし桜の花の季節だと、素晴らしい景観だと思います。今回は春の桜の柔らかい緑の新しい葉がとても美しくて活気があり、遠くの山も新しい緑です。この緑は私の一番好きな色です。自転車に乗りながら、頭を上げると美しい青い空と緑の木、そして曲がりくねった川が流れ、たまに田舎の数軒の家を通り過ぎ、小さな村は静かで清潔で川に沿ってありました。農村のお年寄りが草取りをしている場面を見たり、馴染みのある藁の燃える匂いがしました。頭上に鷹が空を優雅に旋回して飛んでいる姿がとても美しかったです。この場面は自然で質素な私の故郷である宜蘭での子ども時代を思い起こさせました。  もうすぐ午後 3 時近く、私たちは今日のゴールに到着しました。駅に着いた後、私たちは 一つひとつ装備を降ろし、自発的に車に乗ってタンデム自転車をトラックに乗せたり、最後 の時間をみんなが惜しむように手を振って抱き合います。CVJ のメンバー、ボランティア及 び大島理事長の献身と計画に感謝します。皆さんの苦労した前作業があってこそ、私たちが スムーズに楽しい旅ができます。もう一度皆さんに感謝します。これはほんとうに美しい台 日交流です。私の人生の美しい旅の思い出になると思います。

(HUANG LI FANG) 宣蘭県 在住



 

「末長い台日交流を期待します」盧 鳳珠


 まず、CVJ 協会が開催した 2023 年第 13 回ふれあいサイクルイベントに感謝します。大島さんにご招待いただき、イベントに参加させていただき、ありがとうございます。今回のイベントでは日本で自転車に乗ってヨットに乗って美保湾の景色を楽しみまし黄さんの指導の下、JR 茨木駅からこれらの心身の障がいの友人たちと共に歩き、観光バス乗車地点まではボランティアの案内にしたがって移動しました。初日に茨木駅で視覚障がい者の友人と心身障がい者の友人が次々と来るのを見ました。  今回のイベントでは、橋本さん、田代さん、杉村さん、林聡吉先生が通訳してくれたこと に感謝します。彼らとの会話を通じて、参加した人たちとすべての活動日程を理解すること ができました。大島さんがわざわざ手配してくれたことにもう一度感謝します。イベントで も Google 翻訳を使っていますが、正確度は実際の人ほど正確ではありません。  自転車に乗る過程で美しい風景と親切な日本人の友人が途中で応援を叫んでいるのを見ま した。一部の心身に障がいのある友人はペダルを踏むのですが、いつもチームのスピードに 追いつけません。大丈夫です。安全が一番重要です!。 後ろからサポートする姿は感動に満ちています。  今回の参加活動で私は傾聴と共感を学び、今後このような台日交流活動が長く開催される ことを期待しています。

(LU FENG CHU) 台北市 在住



 

「この友情が続くことを願っています」林 聰吉


 CVJ の活動を早くから知っていて、参加した多くの台湾の友だちもずっと CVJ を高く評価しています。今年ようやく CVJ のこのイベントに参加する機会ができて光栄です。 主催者の準備は非常に完璧です。4 月 21 日の歓迎晩餐会は日本人の友達の情熱を感じました。 時には言葉がうまく表現できないのですが、情熱が最高のコミュニケーションツールです。その日の夜、会場全体の賑やかな雰囲気でお互いにコミュニケーションにこまることは全くありませんでした。  22、23 日の海辺と山林での自転車旅行は忘れられないです。風景も美しく、自転車の距離も適度で、ほんとうに自転車に乗ることを楽しみました。  22 日の全体交流会はとても素敵でした。何人かの日本人の友達は会話に少し障がいがあ りましたが、彼らの歌声は私を感動させました。全体的に言えば、今回の CVJ2023 年のイベントは非常に成功しました。準備作業に参加したすべての日本人の友達に心から感謝し、CVJが台湾メンバーに席を提供してくれたことに感謝します。このような交流はお互いにもっと深い理解と感動を与え、私たちの友情がずっと続くことを願っています。

(LIN TSING JYI) 新北市 在住

 

「次回の出会いを楽しみにしています」 徐 芳貴

 

2023 年の 4/22、4/23 は私の人生で最高の日です。なぜなら、日本 CVJ 協会が主催する第 13 回ふれあいサイクルイベントに参加することができたからです。長距離旅行の活動はもともと容易ではないのですが、CVJ の努力で、事前計画や台湾と日本の双方のつながりで当日各イベントは大島さんチームのおかげで順調に完了しました。お疲れ様でした! ここで日本人の友達に心から感謝と尊敬をします。私も心から友達の健康と家族の平安を祈ります。次回の出会いを楽しみにしています。 に、私たちみんなを驚かせます。

(HSU FANG KUEI)苗栗県 



 

「暖かい太陽のような交流」連 恵蘭

 

コロナ感染による自粛からついに解放されました。私たちは台湾からCVJ(cycle volunteer Japan)の大島さんの招待を受け、日本の視覚障がいのある友人や知的障がいの方々と一緒にタンデム自転車で楽しむイベントに参加しました。

 私たちはお互いに言葉も知らず、緊張と不安と期待に満ちていますが、台日双方のボランティアの協力で、私たちはだんだん明るい笑い声を共通の言語として伝え、お互いの友情を築きました。タンデム自転車に乗って道沿いのボランティアが視覚障がい者に風景を口述し、日本のこの土地の周辺の風景を描写します。特に満開のピンクの桜と緑の大山と伝統的な日本式建築物が頭に浮かびます。さらにボランティアの口述で、視覚障がい者の音と匂いの違いを感じさせます。

 風の音、鳥の音、列車の音、笑い声を問わず、頭の中の景色はもはや絵の世界でなく、生 きている日本の小路地と山や川 の自然です。色と風が吹くたび 笑い声の中で、お互いの交流は 暖かい太陽のように感動させ、 言葉が通じない隔たりを消して しまいました。翌日、私たちは約 30 台以上のタンデム自転車と個人自転車に 再び乗りました。坂を登る時、 耳元に前後の車に 1、2、1、2 と力を入れて走れるよう励ましの声が聞こえます。私も思わず一緒に 1、2、1、2⋯⋯と叫びました。ボランティアの説明のおかげで、私たちは色とりどりの世界にいて、私たちの心はあちこちに流れ、空気の間に甘い花の香りが漂っています。休憩の時々にいつも記憶しなければなりません。

 私たちは写真を撮るのが好きですが、それはいい思い出と記憶を残すためです。もう一度、大島さんの誘いに感謝し、台湾のボランティアの友人と日本の友人に感謝します。私の人生により多くの美しさを加えてくれて、日本の文化をもっと理解させてくれてありがとうございます。人生で最高の幸せはあなたたちとの出会いです。次回の出会いを楽しみにしています。みんな無事でいてください。

(LIEN HUI LAN) 台南市 在住


閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

第13 回ふれあいサイクルイベント  アンケート結果

初めての鬼太郎ロード 見えなくても十分楽しめました。京都にも妖怪ストリートがあるので、なんとなくそれをイメージしていましたが、ブロンズ像は樹脂のものよりずっと精緻で、作家さんの手による作品であることが伝わってきて、思いがけず芸術鑑賞さながらの触る贅沢に出会えました。散策路はいかにも観光客向けといった感じではないローカルな雰囲気の街を、沿道のお店を冷やかしたり、食べ歩きをしたり・・。修学旅行のような

bottom of page